二世帯住宅に建て替えをするときに注意したいこと

二世帯住宅へのリフォームのポイント

>

ストレスをためない建て替えのポイント

バリアフリーも視野に入れる

二世帯住宅を考えるなら、将来介護をするということも視野に入れておいた方がいいでしょう。
設計をする時にはバリアフリー設備を備えることを考える必要があるでしょう。
特にどこを改修したらよいかというと、手すり、段差、廊下幅です。
二階建ての住宅であれば、階段の昇り降りが次第につらくなってきます。
そのため、一階に主な居住スペースをつくるのがよいでしょう。
また、立ったり座ったりする浴室やトイレに手すりの取り付けをしたりすることも考えられるでしょう。
車いすを必要とした時に動きやすいように、廊下の幅を広くとっておくことも必要ですね。
また、車いすに乗ったままの状態でも負担なく開閉できるドアに交換したりすることも考えておきましょう。

日々、ストレスをためないために…

毎日の生活を共にするためにはできるだけストレスをためないで過ごしたいですよね。
そこで、一つ目のポイントは、できるだけ間取りを分離させることです。
二世帯が一緒に暮らすといっても、お互いのプライバシーの確保は必要です。
ただ、分離度が高い住宅を作ろうとすると、建築するための費用も高くなります。
そこで、一緒に住む人の意見をしっかり取り入れて、家族全員で相談できる関係を築いておきましょう。
二つ目のポイントは、生活音を考えて部屋を配置することです。
各世帯の寝室の近くに、うるさくなるような部屋を作らないということが必要です。
例えば、親世帯の寝室の近くに子ども部屋や浴室、トイレなどは配置しないといったことが重要です。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる