二世帯住宅に建て替えをするときに注意したいこと

二世帯住宅へのリフォームのポイント

>

リフォームと建て替えの違い

リフォームのメリットデメリット

最初に、リフォームのメリットについて説明します。
リフォームであれば、元の家に手を加えるだけです。
そのため、元々の家の気に入っているところ、便利なところを残し、不便なところだけに手を加えるだけで二世帯住宅の完成です。
家をいったん解体してしまえば間取りも変わります。
そうなった時、慣れるまで時間がかかったりしますが、リフォームならその心配はありません。
次に、リフォームのデメリットです。
完全分離型の二世帯住宅を作ろうとした場合、元々の家の分しか土地がありませんので、限られた面積の中で二棟分の設備を確保しなければならず、悩みが大きいでしょう。
動きにくかったり狭すぎて使いづらい家になってしまうかもしれません。

建て替えのメリットデメリット

まず、建て替えのメリットについて説明します。
部分的なリフォームと比べると暮らしやすい家を手に入れるのは効率がよいでしょう。
建て替えですので、元々の家を気にすることなく工事で作り変えることができます。
制限なく自由に二世帯住宅を手に入れられるのが一番のメリットでしょう。
次に、建て替えのデメリットについてです。
建て替えは、工事にかかる費用が高くなることを覚悟しなければなりません。
建物を解体し、新しく一棟作る建て替えは当然のことながらリフォームよりもお金がかかります。
特に、完全分離型にするならば二棟分必要になりますので、建築費に加えて設備の費用もかかり、新築より高くなる可能性もありますので、よく考えないといけません。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる