二世帯住宅へのリフォームのポイント

タイプ別、メリットデメリット

二世帯住宅とは、同じ棟の建物に、親と子、そして孫の三世代にわたる二世帯の家族が世帯は別のままで一緒に住む住宅のことです。
ここ最近、二世帯住宅を建てたり、リフォームをする人が増えているようです。
なぜかというと、両親が高齢化していたり、その両親が住んでいる家が古くなったりして一緒に住んだ方がいいと思う人が増えたからです。
そんな二世帯住宅には、いくつかの種類があります。
一つ目は、完全同居型です。
寝室などは別にしますが、その他の居住空間であるリビングやキッチン、トイレ、浴室などの設備は共用するという形です。
親世帯と子世帯がひとつの家族となって暮らす家ということになります。
二つ目は、部分共用型です。
二世帯の住み方の希望や状況に応じて、設備の一部のみ共用するという形です。
これは色々なパターンを選ぶことができます。
玄関だけを共有にするパターン、玄関と浴室だけを共用にするパターンなど、どこまで一緒に使うかを細かく分けられます。
三つ目は、完全分離型です。
一棟の建物を上と下、左と右で二つに分けたタイプや、庭や通路でつないだ二棟タイプのものがあります。
どのタイプも、玄関がそれぞれ別にあるということがポイントです。
家族といっても三世代となると、生活リズムも違ってくるかもしれませんので、どのタイプの二世帯住宅にするかはそれぞれの家族で違います。
もし、二世帯住宅にしようと考えている方は、どんな暮らし方になるか、よく趣味レーションすると良いですね。

≫ TOPへもどる